トルコリラdeぱらりら

FXでマイナー通貨のコストが安い証券会社

FXでマイナー通貨のコストが安い証券会社

本家サイトのブログをアップしました。

コラムとブログより:マイナー通貨とトルコリラ

マイナー通貨の特徴とトルコリラの位置付けについて記載しています。トルコリラはマイナー通貨の一角です。需要があるかどうか分かりませんが、ふと思い立って、他のマイナー通貨についても調べてみました。

需要があるとすれば、OANDA Japanが扱う通貨ペアの種類をまとめた点でしょうか。調べた結果、ざっと、以下のマイナー通貨を扱っていました。マイナー通貨マニアがよだれを垂らしそうなラインナップになっています。

通貨記号 通貨名称
NOK ノルウェークローネ
SEK スウェーデンクローナ
SGD シンガポールドル
HKD 香港ドル
MXN メキシコペソ
PLN ポーランドズロチ
HUF ハンガリーフォリント
DKK デンマーククローネ
CNH オフショア人民元
CNY 中国人民元
CZK チェココルナ
INR インドルピー
SAR サウジリヤル
TWD 台湾ドル
TRY トルコリラ

正直、ポーランドズロチとかノルウェークローネなんて需要あるの?とか思います。まあ、ヒロセ通商でも扱っているあたり、世界では外為取引の対象になっているのでしょう。ほとんどEU圏なので、ユーロやスイスフランと連動する気もしますが。

日本でもFXトレーダーの需要がありそうなところでは、人民元、インドルピー、メキシコペソでしょうか。人民元は言わずとしれた人気通貨ですが、扱っている証券会社はかなり限られます。インドルピーに至っては、他に扱っている証券会社すら、国内ではありません。インドとメキシコはMISTの一角として、管理人も興味がある通貨です。

OANDA Japanの何が良いかって、やはりコストが安いことですね。OANDA Japanは上記の3通貨も低スプレッドで提供しています。手持ちの口座で調べたら、ざっとこんな感じでした。

通貨名称 通貨ペア スプレッド (参考)対通貨レート比
メキシコペソ USD/MXN 400pips 0.03%
人民元 USD/CNY 50pips 0.08%
インドルピー USD/INR 105pips 0.17%
(参考)ユーロ EUR/USD 4pips 0.03%

マイナー通貨は往々にして高コストですから、OANDA Japanは驚異的な低スプレッドで提供しています。これでマイナー通貨をトレードする敷居が下がります。

参考記事:OANDA Japanでトレードするメリット

そんな訳で、今回は編集後記を書いてみました。マイナー通貨に興味を持った方は、本家サイトの方の記事もどうぞ。

本家記事:マイナー通貨とトルコリラ

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

このブログは

トルコリラの為替投資戦略

管理人の相場日記です。

Return Top